HOME | ボタニカルキャンドル(火の灯し方)

ボタニカルキャンドル(火の灯し方)

ボタニカルキャンドル(火の灯し方)


安全に気を付けてお楽しみください

◆ キャンドルに火と灯す際、火災・火傷・換気に注意してください。
◆ エアコンや扇風機などの風が直接当たる場所には置かないでください。
◆ キャンドルを平らなところに置いてください。
◆ 小さなお子様・ペットの手の届かない場所で、直射日光を避け、涼しい所でご使用・保管してください。
◆ 火を灯すキャンドルは、必ず耐熱性・不燃性のお皿やトレーなどの上に置いてご使用ください。
◆ 可燃性のある物の近くでキャンドルに火を灯さないでください。
◆ ノズルが長いライターをご使用ください。(灯す際、手と火に間があるので安全です。)

ボタニカルキャンドルの灯し方
◆ 火を灯す前に、芯は5mm~8mmにカットします。(1cm以上だと火が大きくなり安定しません)
◆ キャンドルの外側を、1cm~1.5cm残るように灯してください。
◆ 火をしばらく灯していると、芯の先にキノコのようなカサが出てきます。
  このカサが出てきたら火を消して取り除いてから、再着火してください。
◆ 火を消すときには、吹き消さずにピンセットや割りばしで芯を倒してください。
  (溶けたロウに浸して消して頂くのが、ロウが飛び散らず安全です。また、白い煙も立ちづらいです)
◆ 火を消した後は、芯を真っすぐにしてください。
  (火が大きくなり、高さが出てきた場合には、一度消火してから芯の長さを1mmカットして調整してください)
◆ 常に芯は真っすぐキャンドルの中心にあることを心がけて頂けると、だんだん中心のロウだけが減っていきます。
  (外側が残り、花が火の明かりで照らされて、とてもきれいです♪)
◆ 再度火を灯す際、ロウのプール(芯の周りに溶けているロウ)が固まり、芯を5mm~8mmにカットしてください。
◆ キャンドルの底から2cm程度残して消火してください。
  (このタイミングがお取替え時です)

ガラスボタニカルキャンドルの灯し方
◆ 基本的にはボタニカルキャンドルと灯し方は一緒です。
◆ ガラスに覆われていますので、ロウが溶け出さず安心です。
◆ 灯している間はガラスが熱くなりますので、火傷には十分ご注意ください。

ボタニカルキャンドル・ガラスボタニカルキャンドルの注意点
◆ 落下すると割れてしまいます。
◆ 時間の経過とともにドライフラワーの風合いの変化もお楽しみください。
  自然素材のため、日光や湿度、時間の経過などにより、アンティークな色に変化していきますのでご了承ください。
◆ 一つ一つ丁寧に作成しておりますが、亀裂・気泡はご了承ください。
◆ ボタニカルキャンドルは、外側のロウが残るように作成しておりますが、使用環境によっては溶け出す場合があります。
◆ 使用環境によっては、ドライフラワーに火が燃え移る危険がありますので、溶け出たロウから引火しそうな危険性のあるドライフラワーがむき出しになりましたら、消火して取り除いてください。


その他ご質問がありましたら、小さなことでも構いませんので「お問い合わせ」からご連絡ください。